ご相談Q&A

うつ病患者のための生活支援とは?

(2008年10月16日 16:10)

相談
IP08_A33.JPG 現在、うつ病で薬物療法を受けています。仕事はしておらず専業主婦で夫と子どもが一人います。子どもが帰ってくるまでに済ませておかなければならない一通りの家事や、夫から頼まれる公共料金などの支払い・手続きなど、気分が憂鬱で身体も重くこなすことができません。できないことでさらに自己嫌悪に陥ってしまいます。診察の時は自分の辛い気分や状況のことは話しますが、生活の中で実際やらなくてはならない具体的なことについてどうしたらいいか相談にのってもらいたいと思います。

お返事
 生活上の具体的な物事をこなすことができず、ご自分を責めてしまい落ち込んでしまっているようですね。また、ご相談にあるような家事や各種手続きなど生活上で具体的なことへの対処について先生に言いづらいとのことですが、そのような生活上の具体的な相談は当院の相談員が面接にてお伺いしております。
 家事についてお悩みでしたが、患者様と一緒にできる部分から探していったりします。掃除・洗濯・料理全てをお子さんが帰ってくる夕方までに終わらせるのは大変です。例えば、その日の優先順位をたて、「料理から初めてみる」、料理は混乱して作れないのであれば「お惣菜を買ってくる」など具体的な内容を考えていきます。もし、お子さんやご主人に家事ができない申し訳なさを感じていらっしゃるのであれば、お二人へ患者様ご自身の病状の説明の仕方を一緒に考えることもあります。各種手続きについても、うつ状態がひどい時は書面の内容が頭に入ってこない場合があり、そういった書面を一緒に読んで、内容を確認するといったお手伝いもしております。日常の具体的な相談から、医療費が払えないといった経済的相談や福祉制度についての相談等もお伺いしております。
(当院の精神保健福祉士より)