こころの豆知識
子育て・保育の支援

夜更かしの現状と問題点

 24時間営業のコンビニや託児所を設けて深夜営業に励む居酒屋に幼児の姿を見かけることも珍しくなくなりました。2002年の全国調査では、3歳児の過半数は夜10時をすぎても起きている、また、2003年には小学6年生の6%、中学3年生の66%の就床時刻は午前0時過ぎとなり、小学生の訴えのベスト3は、あくびが出る(62%)、眠い(58%)、横になりたい(47%)、となっていました。
IP08_A40.JPG 生体時計の周期は24時間より長く、年齢に関係なく朝寝坊や夜更かしの方が楽にできます。外で遊びの場が喪失し、ゲームを含むメディアが普及した現代では、かつてないほどきちんと寝るための工夫が必要です。昨今ではTシャツ、ジャージのままで寝る子どもも多い状態です。「寝間着に着替える」「翌朝に衣類をそろえて枕元に置く」などは昔からの「入眠儀式」でした。実はこのような儀式は重要なのです。親はその子どもにあわせた入眠儀式の習慣化に力を注ぐことが必要です。
 また、朝、太陽の光を浴びて起きることも重要です。24時間周期の地球で生きる動物であるヒトは、眠り、朝の光を浴び、体内時計をリセットすることで日中の活動をすることができます。朝起きるときに、カーテンを開けて太陽の光を浴びるという当たり前の生活を見直しましょう。
 睡眠不足は、各地の教育大学の研究からも学業成績に大きな影響を与える実地調査の研究報告が多くされています。睡眠不足から来るセロトニン活性の低下でイライラ感、攻撃性の増加といった感情制御の問題も起きてきます。
 寝ている時間は何もしないから少なくしてしまうというような、睡眠をないがしろにする行動はできるだけ慎み、十分睡眠をとって充実した生活を送りましょう。
illust654.pngのサムネール画像 保育者の抱える問題は多様です。子ども自身の問題や保護者への接し方、保育環境への配慮、地域との関係など、ひとりの保育士の方が対応するには大変な努力が必要になるときもあります。気になる子どもならなおさらです。子どもの発達レベルと障害かどうか、家族の人間関係理解、保護者の育児に対する理解と対応するスキル、共感性など総合的に考えなければなりません。現場にいると様々な雑用もあり、大きな問題があると精神的にパニックになることもあると思います。そんな時に、児童精神科を専門にしている医師はお役に立てると思っています。児童精神科医は、疾患の診断・治療だけでなく、子どもを取り巻く様々な社会的事情を考えてケースワークをしなければなりません。その経験の蓄積が、子どもが保育園に通っている時期にどんなことが重要で将来的に大きな影響が出るかを知っています。
 例えば、子どもに発達障害があると思われるのに、保護者がそれをあえて否定してしまい現実から逃避しようとすることは往々にあります。保育士としては「発達障害がありますよ」なんて直接的な発言は出来ませんから、どのように伝えられ良いか悩んでしまいます。私が現在行っている保育園巡回相談では、担任保育士・園長先生・区子ども課主任とともにその子に対するミニ保育カンファレンスを開いて、保護者の心境などをディスカッションしながら、どのように伝えていったらいいのか、具体的に話し合い決定していきます。保育現場でそんな保育の味方になれればと思っています。