当院の理念

トータルヘルスプロモーション

当クリニックは、メンタル面(精神面)を中心に診察いたします。
しかし、メンタル面(精神面)は、フィジカル面(身体面)とも密接な関係があります。
身体面は良くなったにもかかわらず、慢性的な疲労症候群や憂鬱感が起きたりします。
薬の作用によって体重に変動があったり、女性の場合は月経と関係があったり、甲状腺や性ホルモンの異常による気分の変動など一般の検診ではわからないことがあります。
そのために、原則として初診時とその後3ヶ月おきに体重測定・血圧測定・採血・生活リズム測定などのフィジカル面(身体面)のチェックを行っていきます。それらの結果は、すべて利用される皆様にお渡しします。

当クリニックの方針・理念

1. 一人一人の患者様を丁寧に診療いたします。
  • ・当クリニックスタッフ全員で患者様の治療のお手伝いをさせていただきます。
2. 患者様と一緒に治療の計画をたてていきます。
  • 治療中には、私生活にいろいろとハプニングは起こります。「ハプニングこそ宝」であり、自分独自の対処行動(コーピング)を見直すチャンスです。愚痴にせず、多くの対処行動(コーピングスタイル)を身につけましょう。
3. 医療情報を正確にお伝えします。
  • 医学・心理学研究は日々進歩しています。それについて正確に把握・研究していきます。その上でわかりやすい言葉でインフォームド・コンセント(状態を伝え医師・患者様の共通認識で治療していくこと)をします。
4. 適切な薬物治療をいたします。
  • 発しないように十分皆様とお話させていただきます。
  • 内服を急にやめることは危険ですので、医師にご相談ください。
5. 医療情報を正確にお伝えします。
  • 医学・心理学研究は日々進歩しています。それについて正確に把握・研究していきます。その上でわかりやすい言葉でインフォームド・コンセント(状態を伝え医師・患者様の共通認識で治療していくこと)をします。
6. 適切な心理療法を受けられる環境を整えます。。
  • カウンセリングや催眠療法などを、魔法のように治してくれるものと思われている方が多いのですが、現実的にはいろいろな問題もあります。相性の合わないセラピストと会うことほど苦痛なことはありません。カウンセリングの副作用は時として薬物療法より強いことがありますのでご注意を!
  • 自分の体質とうまくつきあっていくことも重要なことです。

専門性

当クリニックの医師は下記の専門性を持っています。
働かれている方のメンタルヘルス(産業精神保健学)
子どもや青年期のメンタルヘルス(児童青年期精神医学)
これらの専門性をふまえ、精神療法・カウンセリング・家族療法・認知行動療法・それにあった適切な薬物療法などを行っていきます。また、診断名にこだわらないその人にあったメンタル評価とわかりやすい説明を通して、患者さんが自分で治療法を選択できることをモットウにしています。押しつけ医療はしません。その他にも、下記のような活動をしています。
他院での治療について助言するセカンド・オピニオン
今後とも皆様に身近なメンタルクリニックを目指しています。
ページの上へ