診察内容
道玄坂しもやまクリニック TOP > 診療内容: AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)

 成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。


1,原因

原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

2,治療

効能・効果が認められている医薬品には下記のものがあります。
のむタイプ:フィナステリド(プロペシア)
頭皮につけるタイプ:塩化カルプロニウム(フロジン液)

3,受診の流れ

電話予約(プロペシアはどれくらいほしいか、プロペシア使用歴などを確認)

記入した問診票(問診票ダウンロードはここをクリック)を当日に持参

予約当日に問診票を提出

診察では簡単な問診(5分間くらい)

診察室でプロペシアを院内処方

診察終了後、受付で会計
(ただし、ストレス性AGAを合併している場合は、心療内科の診察(保険診療)が同時に必要になります)

4,院内処方薬

プロペシア錠1mg (28錠:1箱) 9,500円
プロペシア錠1mg (ボトルタイプ90錠) 25,000円
プロペシア錠1mg (28錠入りを5箱セット) 45,000円
プロペシア錠1mg (ボトルタイプ180錠) 48,000円

プロペシアは少なくとも6ヶ月間は内服しなければ満足度は得られないという結果が出ています。改善効果試験の結果は下記の通りです。

内服1年目:髪のボリュームが増えた(改善)58%、抜け毛が減った(維持)40%、AGAが進行2%
内服2年目:髪のボリュームが増えた(改善)68%、抜け毛が減った(維持)31%、AGAが進行1%
内服3年目:髪のボリュームが増えた(改善)78%、抜け毛が減った(維持)20%、AGAが進行2%

5,治療のコツ

AGAは原因により、2種類に分類されます。
  1. 遺伝性AGA:胸毛などの体毛の濃い人。父親が喫煙の既往がなく、AGAの場合など
  2. ストレス性AGA; ストレスが原因で脱毛を生じる。遺伝性AGAとストレス性AGAを合併することもしばしばある。

いずれも男性ホルモンがDHTに変換されて、脱毛を生じます。 プロペシアが効果的なのは、遺伝性AGA。睾丸で生成されるテストステロンがDHTに変換されるのを防止します。

ストレス性AGAは副腎で生成されるアンドロゲンがDHTに変わるため、プロペシアは効果ないです。
ストレス性AGAの治療はストレス源を断つこと。
ストレス源としてわかっているもの:ニコチン、夜勤、三交代勤務、夜型生活、不眠、過激な運動の継続、 心配症、脱毛を気にするほど、ストレス性AGAは進行します。まずはリラックスが必要。

一般に、遺伝性とストレス性のAGAが併発していることが多く、その場合は、プロペシアの内服だけでなく、不安・ストレスに対しても治療が必要です。そのような場合は、心療内科に相談して、総合的な治療について相談しましょう。

予約状況の確認
予約状況の確認