診察内容
道玄坂しもやまクリニック TOP > 診療内容: うつ病

うつ病

うつ病は、非常に多い病気で、米国では女性の 4 人にひとりが、生涯のうちにこの病気になると報告されています。
きちんとした治療を受ければ、必ず短期間で治る病気ですが、問題としては、うつ病の人の半分以上が治療を受けていないということです。

1,症状

 風邪を引いたら、熱が出て、頭が痛くなり、盲腸になったらお腹が痛くなります。人のからだは病気になると何らかの症状が現れてきます。うつ病でもこれと同じようにさまざまな症状が現れるのです。ただし、うつ病が他の病気と違うところは、こころとからだの両方に症状が出ることです。
  「憂うつだ」、「悲しい」、「何の希望もない」、「落ち込んでいる」というような感情です。このような症状が午前中にひどく、午後から夕方にかけて改善してくるという“日内変動”があるのもうつ病の特徴の1つです。( 正常反応としての「憂うつ」と病的な「うつ状態」の違いについてはこちらをクリックうつ病と更年期障害のちがいはこちらをクリック
  • 今まで好きだったことにも打ち込めなくなる
  • 新聞を読む、テレビなどを見る気がしなくなる
  • 仕事への意欲が低下する
  • 何をするにもおっくうになる
  • 物事の判断がにぶくなる
  • 自分に自信がなくなる
  • 自分を責める
  • 些細なことから不安に陥りやすい、カッとなりやすい

うつ病の症状は、体にも影響します。例えば、早朝覚醒、食欲低下、月経不順、頭重、肩こりなど。体の不調を感じて、検査を受けても何の異常もない場合は、うつ病の可能性が考えられます。

2,成因

私たちの日常生活にはさまざまなストレスが待ち構えています。
「肉親の突然死」、「別居や離婚」といった悲しい出来事から、「昇進」、「出産」などといった一見喜ばしい出来事でも人によってはストレスになることもあります。そして、これらからうつ病が発症する可能性があります。しかし、うつ病になった原因がはっきりしている場合、比較的治りやすいといわれています。
神経伝達物質の中で、脳からこころに元気を伝える物質が“セロトニン”と“ノルアドレナリン”です。これらは気分や意欲、食欲、記憶などを神経に伝達します。脳内の神経細胞から、セロトニンやノルアドレナリンが放出されると、受け手である神経細胞の受容体に結合して、情報を伝達します。

何らかの理由でこのセロトニンやノルアドレナリンが減ると、気持ちの活性化が伝えられずに憂うつ感などを引き起こしてうつ病になると考えられています。

3,診断

うつ病の診断の中心は問診で、病歴などを聴取してうつ病の原因を探します。
精神科で医師が患者にする質問としては以下のようなものがあります。

  • どんな症状があるのか
  • いつごろから症状が現れてきたか
  • 症状が現れてきてから、今までどのように変化したか
  • 何がきっかけだと思うか
  • 身のまわりで、最近何か大きな変化や事件が起こらなかったか
  • 仕事の内容や人間関係など、日常生活でストレスを感じているか
  • 家族の構成と関係
  • 生まれ育った環境や学歴・職歴
  • どんな性格か
  • ほかの病気にかかっているか
  • のんでいるくすりはあるか
  • 酒、タバコの量は1日どれくらいか  など

4,治療

うつ病は、治療を受ければ必ず治る病気で、適切な治療を早期に行えば、一般的に、6カ月から1年ほどで回復してきます。
  治療の基本は、薬物療法と十分な休息をとることです。

薬物療法

現在、うつ病の状態というのは、「脳の神経伝達機能に変調をきたした状態」と考えられています。ですので、この変調を改善するために、抗うつ薬が用いられます。抗うつ薬は、減少している神経伝達物質の量を正常に近い状態に戻します。
重要なことは、医師の処方を守る、ということです。
ただでさえ自分の判断能力が激減する「うつ状態」ですから、処方された薬を勝手に体調が良くないから半分にしよう、とか服用を止めてしまったり、ということは避けましょう。

脳内物質に働きかける薬を飲んでいるのですから、なお更です。

薬を飲んですぐに効果が出るというわけでもありませんので、そこも注意したいポイントです。また、その薬が当人に合うかどうかも、少しの期間飲んでみなければ分からない、ということもあります。医師を信頼し、悩み事と体調をしっかり伝えて治療に当たることが必要となります。

ごくまれにですが、薬が合わない場合、副作用に見舞われるばあいがあります。眠気、吐き気、頭痛、ふるえなどです。その際は遠慮なく医師に伝えましょう。その時は薬を他の薬に切り替えていきます。「うつ病の治療はいつまでするのか」はココをクリック

休養環境を作る

うつ病の患者さんは、もともとまじめで責任感が強い人が多いので、「仕事を休むなんてできない」、「自分が仕事を休んだりしたら、ほかの人に迷惑がかかる」と休養することをためらったり、拒んだりすることがよくあります。
  まず、こころとからだをゆっくり休めて、疲れを癒すことが一番の治療であることを理解することが重要です。回復するまでに、ある程度の時間がかかりますが、必ず治りますので、ゆったりとリラックスできるものをみつけ、治療に専念できる環境をつくりましょう。うつ病の患者をもつ家族へののアドバイスはこちらをクリック
  自分ではどうにも環境がつくれないなら、医師に相談したり、家族や職場の仲間の協力を求めたり、入院を考えてみてはどうでしょうか。気軽にご相談ください。

予約状況の確認
予約状況の確認